読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋に行くときは立ち寄りたいユニークなお店、「だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)」に行ってきた。

にんべん 日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)

@COREDO室町 1F

東京・日本橋の店舗は、元禄12年(1699年、江戸時代)に戸板を並べて鰹節と塩干類の商いを始め、 明治・大正・昭和・平成と時代と共にその姿を変え、室町地区開発に伴い、平成22年10月28日(木)、 新たに「コレド室町」ビルに新店舗を開設致しました。東京・日本橋は当社の原点です。これから350年、400年と日本の誇り「発酵食品鰹節」を後世に伝え、 世界の人々に「だしの美味しさ」を楽しんでいただくために、 従来の本枯鰹節削りの実演販売の他に「一汁一飯」をテーマにした『日本橋だし場』を設けました。


日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)」
は、かつお節専門店の「にんべん」が展開しているお店で、 "日本型食生活(鰹節から始める健康生活)の提案"をコンセプトに 「一汁一飯=汁物メニュー+かつぶしめし」といったランチメニューを提供してるCOREDO室町に入っているお店です。


そこまでは「うん、普通。」と思うのですが、「日本橋だし場」にはなんともユニークなメニューがありまして、"1杯100円の【かつお節だし】"がいただけるのです!!


味噌汁バーとかはありそうだけど、『だし』だけ飲むってなんて新しい・・・。
だしの種類は【かつお節だし】と【かつお・昆布合わせだし】の2種類があって、せっかくなので1杯ずつ頼んで、飲んでみました。

 

まずはカップに注いでもらったそのままで、ひとくち。
湯気と一緒にかつぶしの風味が立ち上ってきて、うまみは舌で味わう・・・なんとも美味!合わせの方は昆布がカップの底に少し溜まっていて、そちらも風味豊かで美味!


でも、やっぱり『だし』だけだと物足りないので、テーブルに置いてある塩とお醤油で味を調えて 再びひとくちいただくと・・・

 

味が落ち着くというか、バランスが取れてとても美味しくなっていました。
お醤油って偉大だね、と話しながらあっという間に飲み干してしまいましたが、 個人的には【かつお節だし】の方が好みでした。シンプルイズベスト。
爆弾低気圧が接近して荒れ模様の予報だった土曜日は強い雨の降る寒い一日だったので、『だし』でおなかがあったまってぽかぽかになりました。しあわせ。
(ちなみに豆知識ですが、昆布とかつおの合わせは「コンカツ」と呼ぶみたいですw)


おやつセットなるものもあるようです。

f:id:pinkpeco:20130408223411p:plain

だしとセットで200円!


イートインコーナーの奥には物販コーナーもあって(お店ですからね、もちろん)、 削る前のかつおぶしがごろごろ売ってて、その横にこんなおしゃれなけずり器が置いてありました。

f:id:pinkpeco:20130408223454j:plain

その名も「SMART KEZURIKI」!!!!(ちなみにお値段は税込9,975円)


他にも、「だしカップ」という熱湯をそそぐorレンチンでだしが取れる便利グッズもあったのですが、店員さん曰くお鍋で煮だした方がだしのうまみが くまなく出るので、カップより「テトラティーバッグ型」とか「顆粒(アミノ酸を添加していないやつ)」がおすすめとのことでした。

にんべん だしの素450g

にんべん だしの素450g

▲これは「かつお風味」なので添加物がある方のですね。
Amazonだとコレしか出てこない。。)

料理も自己流でちょいちょいやってるけど、おだしを取って作るようなちゃんとしたお料理も つくらないとなあと思いました。せっかく、日本人に生まれたのだし。(←あっ…。。)


ちなみに「日本橋だし場」のカップでいただける『だし』ですが、去る3月26日に 日本橋本店オープン以来、累計32万杯を達成したらしいです。祝!

今度もし立ち寄ることがあったら、かつおの角煮まんを食べたいです!

にんべん 日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)
@COREDO室町 1F
住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1
地下鉄銀座線・半蔵門線 三越前駅 A6出口1分
JR総武線 新日本橋駅 A6出口1分
TEL:03-3241-0968
営業時間: 10:00~19:00
ランチタイム:11:00~14:00 (TAKE OUT可)

©pinkpeco all rights reserved.