読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京に【co-tori(コトリ)="小さな鳥取"】がやってくるらしい。

 

f:id:pinkpeco:20130215204809j:plain

合い言葉は「持ってきました 小さな鳥取」。

といういちるさんのTweetが気になり、リンク先を開いたらわたしのハートをくすぐるすてきなイベントのページが!

「co-tori」とは、鳥取県のPRイベントで 今週末2/17(日)から3/3(日)の期間中、代官山・中目黒の各所でトークショー、呑み歩き・食べ歩き、民藝フェアなど、さまざまなイベントが行われるそうです。鳥取のよいものをもっとたくさんの人に知ってほしいと願う鳥取県さんと、地域にある良いものを東京の人に紹介したいと考える代官山エリアのショップの方達がタッグを組んで実施されるとのことで、たのしくないわけがないじゃないですか、これ!

ということで、(自分のために)会期中のイベントスケジュールを整理しておきます!

  • 2/17(日)オープニングイベント

「鳥食・鳥器・鳥酒」(7:00~11:00)
代官山T-SITE 駐車場

「鳥取を知り、鳥取を味わう会」※先着30名(16:00~19:00)

 参加費は3,500円(飲食代込み)で、事前に鳥取県東京本部[tokyo@pref.tottori.jp]まで、 住所、名前、連絡先(電話・Eメール)を送って参加申し込みが必要。(もう埋まってるかも?)

代官山ヒルサイドテラス C棟ヒルサイドバンケット

  • 2/17(日)~3/3(日)コトリコーヒー

lab.LABAR」、「ハニー珈琲」、「onibus coffee」、「Obscure Laboratory」の4店舗で開催。鳥取の器で実力派の珈琲を楽しめるそうです。各ショップでセレクトされてるうつわが違うみたいなので、4店舗行って比べてみるのもいいかもしれませんね-。(珈琲への関心熱量がお酒へのそれと違いすぎてて…ここはさらっとにしておきます。ごめんなさいw)

  • 2/17(日)~2/22(金)山陰民藝フェア

SML(エス エム エル)

f:id:pinkpeco:20130215204925j:plain

きょねんから個人的に「民藝品がHOT!」なため、このフェアはかなり注目してます。鳥取・島根の民窯さんのうつわ、とても好きです。クリスマスプレゼントに「SML」さんと出西窯さんのコラボのお皿を買いましたし!牧谷窯さんも気になってるのですがちょっと高いんですよね…

  • 2/23(土)~3/3(日)TOTTORI craft 2

smg(エスエムジー)

昨年もSM-gさんでやってたイベントのようで、2回目なのかな。うつわだけなく鳥取のクラフトワークが紹介されるようです。

  • 2/24(日)あそび場のトリクミ 鳥取のお酒と料理と時々笑い(11:00~12:00)


EAT東京

鳥取の料理&お酒が楽しめる1日カフェと案内があるのですが、開催時間が1時間??とうふちくわをつくるワークショップもあるそうです。とうふちくわって何だ??入場時に1000円分の飲食チケットを購入してたのしむようです。どんなスタイルなのかちょっと想像がつかないな…。

  • 3/1(金)~3/2(土)co-tori BAL(17:00~)

大本命はこの、ぐい呑みを片手に鳥取のお酒と食材を楽しめる2日間限定の呑み歩き・食べ歩きイベントでしょう!!なにやら手順があるようです。

スタートは「SM-g(エス エム ジー)」。
SM-g(エスエムジー)
ここで参加登録(参加費3,000円)をして、 マップにハンコを押したものが参加チケットになるそうです。そして参加者には鳥取の窯元でつくられたぐい呑みをプレゼント!

◎その後はイベント参加をしている5店舗をめぐる
鳥取産の地酒・地ビール・ワイン(1ドリンク無料)と鳥取食材を用いた各店オリジナルのワンコインプレート(500円)が楽しめるそうです!有効期間は2日間なので全店舗を1日で回れなくても、2日目に持ち越しも可能。


【co-tori BAL参加店舗】

・「CAFE & CATERING TORI」<1ドリンク:「いなば鶴 強力」>

CAFE&CATERING TORi


・「日本酒とうなぎ 翏」<1ドリンク:辨天娘>

日本酒とうなぎ 翏


・「Malmö」<1ドリンク:大山Gビール>

Malmö


・「Taste AND Sense」<1ドリンク:北条ワイン>

Taste AND Sense


・「cafe RED BOOK」<1ドリンク:瑞泉>

cafe RED BOOK

以上、5店舗!普段はカレー屋さんなのにおばんざいと日本酒を用意するお店とかもあるみたい。いやー、たのしそう!

昨今、地方自治体がPR施策をいろいろやっていらっしゃいますが、この鳥取県さんの「小さな鳥取を持っていきます」というひかえめなメッセージがなんともいえず、好きです。
鳥取は一度家族旅行で行ったことがあるけど、飛行機だと東京・羽田から最短で1時間半以内でいけちゃうのですね。

f:id:pinkpeco:20130215205056p:plain

いつだったか真冬に「砂丘にいきたい…」とひとりごちていたら、さすがに友達に止められましたがw 日本酒もうつわも知れば知るほど、実際に行って見てみたい・味わいたい、蔵元、窯元に訪れてみたいという欲求がわいてくるんですよね。今年はおとなりの島根も式年遷宮で盛り上がりそうので、今年、山陰地方は行っておきたいなあ。

©pinkpeco all rights reserved.