読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡発のフレンチトースト専門店「Ivorish」の新店舗が渋谷公園通り沿いにオープン!

beer foods sweets shop

http://instagram.com/p/m41mzrD2nV/フレンチトースト専門店IVORISH(アイボリッシュ)*2014/4/20渋谷店open

パンケーキ屋さんの行列に並ぶくらいなら、お好み焼き食べに行く!というタイプの私ですが、さすがにこのプレートが運ばれてきた時には思わず黄色い悲鳴をあげてしまいました……!

食べ物がおいしくて、女の人がきれいでかわいいと評判の福岡から満を持して上陸!

http://instagram.com/p/m42cTUj2oR/福岡・大名で、行列ができるお店として有名なフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」が今週末の日曜日4/20、東京・渋谷公園通りに渋谷店をニューオープンするということで、事前の試食会にお邪魔させていただきました。

確かに2月に福岡を訪れたとき、行列のできてるお店があって「どうせパンケーキでしょう~」とたかをくくっていたのですが、なんとフレンチトーストのお店だったとは。

ちなみに、「Ivorish(アイボリッシュ)」という店名は"フレンチトーストの色を表現する「Ivory(アイボリー)」"と"愛情をこめて大事にするといった意味を持つ「Cherish(チェリッシュ)」"を掛け合せた造語とのこと。もしフレンチトーストの色を問われたとしたら、私だったら「こんがり焼けた…柴犬みたいな色!」と答えてしまいそうですが、アイボリーなんですね。なるほどなるほど。

あらためて、フレンチトーストってなんだっけというと

f:id:pinkpeco:20130404150400j:plainシンプルに言うと、「パンを卵に浸してバターで焼いたもの」だと思いますが、もともとは硬くなって食べづらくなってしまったパンをおいしくいただくための一工夫から生まれたものとのこと。もちろんお家でも手軽に作れるのですが、そこはフレンチトースト専門店の「Ivorish」さん。パンの素材にこだわったり、ソースやトッピング、アレンジを変えてフレンチトースト専門店ならではの商品をたくさん用意されています。

メニューはタブロイド紙サイズでどーんと。

f:id:pinkpeco:20140415181115j:plain
渋谷店の内装デザインを担当された方のインタビュー記事なども載っていて、なんとメニューなのに持って帰っていいらしいです。フレンチトーストはメニュー名だけでなく大きな写真が載ってるので、メニュー表を見ながらさんざん迷うことができます。(そしてちゃんとメニューの写真とおなじ見た目で期待通りのが出てきます!)

フレンチトーストはデザート系とお食事系の2タイプから選べるのですが、デザート系では冒頭の見た目が華やかな「エキゾチック」、渋谷店限定の「クリスピーブルーベリー」、唯一フレンチトーストがチョコ味の「チョコバナナ」の3つをチョイスしました。

クリスピーブルーベリーの特長はフレンチトースト×コーンフレークのかりかり食感!

http://instagram.com/p/m413yBD2no/3種類のベリーと甘さ控えめのホイップクリームをつけていただきます。おいしいに決まってます。あと、シャーベットぽいバニラアイスも添えてあるのであつあつフレンチトースト×アイスという組み合わせもおいしかったです。

チョコとバナナで間違えることは決してないと断言できる!

http://instagram.com/p/m418HwD2nr/クリスピーブルーベリーもそうなのですが、「Ivorish」のフレンチトーストは一枚ぺろんという形ではなく、2枚のパンでソースをサンドしています。チョコバナナはさらにそのソースをサンドしたところに外からチョコソースを染みこませているのでパン自体がこのメニューだけチョコレート色になってます。トーストに味がしみしみで美味でございました!

なお、デザート系のパンケーキはレギュラーかハーフのどちらかを選んでオーダーするのですが、レギュラーでこのボリュームなので(2枚のパンでソースをサンドしたもの2セットをそれぞれ半分にカットして4切れになってる)、結構おなかいっぱいになると思います。

http://ivorish.com/wp/engine/wp-content/uploads/2014/04/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BCWEB.jpg
お値段はハーフで1,000円~1,200円、レギュラー1,600円~1,800円(税抜)です。
まあ、ここまでだったら「あー、まあパンケーキもそんな感じだよね~」と終わってしまいそうなのですが、食事系のフレンチトーストがあなどれないというか。実はそんなに期待してなかったのに個人的にはかなりおすすめしたいのが食事系のメニューです。

うりきれのメニューもあったのでそれ以外から2つオーダー。

http://instagram.com/p/m42BDAD2nw/フィルターのせいで黄色っぽくなってしまってますが、「スモークサーモンのエッグベネディクト」です!イングリッシュマフィンではなく、卵液をしみこませた「Ivorish」特製のフレンチトーストにポーチドエッグ(だいすき!)をオンするという、なんともたまご充な組み合わせ。さらにその間にアボカドとスモークサーモンが挟まれているという贅沢な状態。ちょっぴり甘さのあるフレンチトーストとソースがうまく作用するのか、とてもおいしかったです。

もう1品は「グリルチキンとアボカドのディルマヨネーズ」

http://instagram.com/p/m42J-uj2n6/こちらはフレンチトースト、チキン、アボカドが別々に盛りつけられていますが、小さく切り分けて重ねて3つ一緒に食べるのがおすすめです。あと特筆すべきは、サラダの存在感ですね。付け合わせという扱いではなく、しっかり主張してます。食べ応えあります。

食事系メニューはレギュラーかフレンチトースト2ピースの2パターンでオーダーできるのですが、レギュラーで1,300円~2,800円、フレンチトースト2ピースで1,550円~3,050円といった価格帯(税別)。

また、セットドリンクみたいなメニューはなさそうだったので、別途ドリンク(500円~800円・税別。ボトルワインは3,500円~4,000円・税別。)を注文する感じかと。結構グラスのサイズが大きいので、500円であのサイズであれば結構満足感がありましたよ。バドワイザーとかハワイアンビールもあるので、夜にお酒飲みながら食事系のフレンチトーストという組み合わせはやってみたいかも!

ハワイアンビールと合わせたいのはこのメニューだ!!!

f:id:pinkpeco:20140415181609j:plain試食会では食べられなかったので、無類のお肉好きとしてはオープンしたら絶対これを食べに行きたいです!!高いけど!!

To Go Menuもあるし、Giftもある!

http://ivorish.com/wp/engine/wp-content/uploads/2013/06/sweet01_s1.pnghttp://ivorish.com/wp/engine/wp-content/uploads/2013/06/meal05_s1.png
渋谷公園通りといえば、代々木公園が近いですよね。店内で食べるのも良いけど、持ち帰りにして公園でピクニックするのもよさそうだねえと試食に参加したメンバーと話していました。Giftの方はというと、下の写真の左奥に見えているやつです。

f:id:pinkpeco:20140415191235j:plain

LAの土地と海をイメージして名付けられた「ロングビーチ」!

http://a1.smlycdn.com/data/product2/1/62ed9b7d56cedb8d9cb26d555990779c96c73719_m.jpg
長っ!!
カットするまえのフレンチトースト用のパンをそのまま使った見た目のインパクトがすごく印象的。レギュラーサイズ(3,800円・税抜)で6~8名分らしいです。お皿の上で繰り広げられるめくるめくフレンチトーストの世界がぎゅっと凝縮された感じのスイーツです。

お店の目印はこれ!

f:id:pinkpeco:20140415175412j:plain渋谷駅、パルコを背に公園通りを代々木公園めざして上っていくと、ファミリーマートの手前にこの看板が見えてきます。お店は地下一階なのでこのビルの中に入って階段を降ります。

f:id:pinkpeco:20140415180113j:plainきっとここに大行列ができるんだろうなあ…。

http://instagram.com/p/m42Z5HD2oL/Ivorish(アイボリッシュ)渋谷店 *2014/4/20 open!
http://ivorish.com/
住所:東京都渋谷区宇田川町3-3 B1F
営業時間:10:00~22:00(LO:21:30)
定休日:第1、第3火曜日(祝・祭日の場合は営業)

蛇足ですが、宇田川町という周りがセレクトショップの多いエリアというのをお店の方でも意識されているようで、ショッピングの合間の休憩とかで使う場面を想定されているというお話を少し伺いました。立地的にはいわゆる渋谷っぽさ(にぎやか&若い子が多い)というゾーンから離れてるので落ち着いた雰囲気のお店で価格帯的にも多少おとなのひとが使う感じになるのかなあと。

©pinkpeco all rights reserved.