ひさかたの光のどけき春の日に。

http://instagram.com/p/mHnSs7D2n3/数日前までは灰黒い枝木だけだったのに、ていねいに赤と白の水彩絵の具を溶いて、上手に水を混ぜ合わせたような薄紅色の花が現れていた。

あそこにも桜の木が植わっていたのだなと驚きながらつぼみもまだ少し混じる枝を見上げ、視線を落とすと数日前の雨のせいなのか、花弁からまるごと落ちた花があった。まるで椿の花みたいだと思った。

数週間後にはすっかり元の花のない木に戻りまた次の春を告げる準備に入るんだなあと思うと、その儚さを精一杯愛でたいと思う。

 

 

なーんて格好つけてみたけど、つまるところお花を見ながら日本酒のみたいなってことです。そして今日はタイツやめてみました。ブーツもそろそろ片付けないとな。


《追記》
@Schole さんが教えてくれました。花弁がまるごと落ちるのは鳥たちの仕業らしいです。

参考リンク

 

 

広告を非表示にする
©pinkpeco all rights reserved.