カロリーメイトの黄色と闘う君の唄。

f:id:pinkpeco:20130123220845j:plain

ぼんやり眺めていたiPadの画面の中で、校庭に仁王立ちした女の子が歌っていた。誰なのかわからなかったけど、歌声は耳に残り、その横顔は目に焼き付いて離れなかった。調べようとして忘れていたのだけれど、先輩がたまたま動画をFacebookにシェアしていて、それで知った。彼女は「モテキ」でいつかちゃんを演じていた、満島ひかりさんだった。横顔だったのと、髪が伸びていたので気づかなかったけど確かに、いつかちゃんだった。


カロリーメイト CM|とどけ、熱量。篇 60秒

カロリーメイトといえば、わたしは阪神淡路大震災で被災した頃を思い出す。なぜかというと、救援物資として送られてきたモノの中にたくさん入っていたからだ。それまで一度もカロリーメイトを口にしたことがなかったので、どんな味がするかも知らなかった。キヨスクとかのレジ横のワイヤーラックにおさまっているイメージがあったけど、お菓子ではないから母親にねだって買ってもらうこともなかった。

黄色い箱、黄緑色っぽい包み紙、表面にぽつぽつ穴があいてる茶色のかたまり(はじめてのカロリーメイトはチョコ味だった)。はじめて食べた感想としては、正直なところ「うそもののチョコの味がする…」と思ったのを今でも覚えてる。他にチーズ味とフルーツ味も食べたけど、「実際、こんな味はしないけどイメージを再現するとこのフレーバーです」みたいな不思議味の食べ物とわたしの舌は記憶してしまった(ロッテの板ガムみたいな)。

震災以来、カロリーメイトを口にする機会がなかったけど、なんとなく黄色地に黒や黄緑の格好いいロゴがあしらわれているパッケージはずっと好きでした。調べてみたら、パッケージデザインはライトパブリシティの細谷巌さんが手がけられたモノでした。

1983年に誕生してから唯一変更されたのは、ロゴの文字の細さだけだという。そして、新しいメープル味はロゴがピンクでかわいい。

 

f:id:pinkpeco:20130124112937j:plain

CMの話に戻ると、チビノリダー伊藤淳史さんとか荒川良々さんが出てたあたりのコミカルな感じがカロリーメイトのやってる広告のイメージだったけど、今回の「とどけ、熱量。」篇みたいなのも、嫌いじゃないです。

でも、なんだろう…がんばってる人はふつうに励まされるCMのはずなんだけど、私はあれを見ると「私、がんばってないかもしれない」「全然闘ってないかもしれない」と自分を顧みて、不安になってしまう。それが、素直にすきと言えない理由なのかもしれないけど、闘わないで笑う方のひとにはなりたくないからがんばろうとも思うわけで。だから、嫌いじゃないんです。

がんばってる人というと受験生の方達が現在進行形でがんばっているピークかと思われますが、来週以降その受験生の方達に向けたインターネット広告が始まります。(かなりターゲットを絞って展開するので、規模はちいさいのですが、)その案件の原稿をクライアントさまからいただいて、zipファイルを開いてクリエイティブを見たときにちょっと涙がでそうになりました。受験会場である大学への交通手段を調べた検索結果に表示する、激励メッセージのバナーです。
※交通広告は既に展開始まってます。

f:id:pinkpeco:20120209162434j:plain

届ける範囲はカロリーメイトのCMには負けるかもしれないけど、もしその広告に遭遇した受験生をちょっとでも激励(矛盾してるw)できたらうれしいなあと。掲載終了&レポートまでがお仕事ですが、関われたことがとてもうれしかった。なので、ひとまず私自身が闘ってるか闘ってないかについては、ピンクのメープル味を食べながらつづきを考えることにして、まずはその激励メッセージが届くことを祈ったり、願ったりすることにします。

広告を非表示にする
©pinkpeco all rights reserved.