tiny

いつも、むりめなスケジュールで
ちっさなお仕事ばかりをお願いしていた同期デザイナーに、
「是非これをあなたにやってほしい」と堂々と頼める仕事
(どんな仕事でもそう思ってたけど、その中でも抜群に。)
ができて、おねがいをしてきた。


オリエンを聞きながら、だんだんニコニコしてきた
彼女の顔を見ていて、わたしもうれしかった。


クライアントの担当者の方が、
1年前に彼女の描いたイラストを
今でも携帯の待ち受け画面にしてくれてることも伝えておいた。


広告に関わる仕事をしているなかでの
ちいさな一場面のお話しです。


どこを向いても、
みんなが笑っていられる仕事をしたいなあと。
理想論だとは思うのですが、
わたしがこころから願ってやまないことのひとつです。

広告を非表示にする
©pinkpeco all rights reserved.