読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通以上の普通ってきっと普通じゃない(んじゃないかな)

 


※写真と内容は関係ないです、ほぼ。

普通とは - はてなキーワード

すこしでも、「?」と思ったら検索をしてしまクセは、いつからこうなっちゃったんだろう。今も時と場合によっては「wikipediaとかに載ってることを引用するなんて邪道!」みたいなきらいはあるんだろうけど、個人的にははてなキーワードって今使われてることばの感じでのニュアンスみたいなところも言語化してあるのがすきです。

と、脱線しましたが、TCCの授賞式での糸井重里さんのスピーチを読んで、タイトルのようなことを思ったので「普通」ってなんだろねとふと立ち止まったのでした。

TCC贈賞式開催される 糸井重里氏がスピーチ「どんどん普通の人になっていくのがコピーライター」 | AdverTimes(アドタイ)

以下、糸井さんのスピーチをAdvertimesの記事より引用させていただきます(全文ははてブのリンクを開いてみてくださいな)。

  • 「やればやるほど、普通の人になっていく。それがコピーライターという職業じゃないか な、とこの頃思うようになった。あえて言うならば、どんどん余計な筋肉がなくなって、今流行りの言い方で言えば、インナーマッスルみたいなものだけで、自分を立てていっている。普通の人以上に普通のことを考えられる。今日いただいたホールオブフェイムは普通の人の証。これをもってさらに磨きをかけた取り柄 のない人になっていこうと思う。普通の人でも何でもできるっていうのが僕の一つのコンセプト」。

これを最初読んだとき、すごい分かった気になってすぐさまブクマしたけど、読み返すたびに「やっぱりこれ糸井さんが糸井さんじゃなきゃできない/言えないことじゃない!」と思ったし、「"普通の人以上に普通のことを考えられる"ということはもう、それって普通じゃないよ~」とくちをとがらせてしまったのでした。

どうしようもなくかっこうわるいことだとかそういうのを纏って、ジタバタして、いつも明日のよりよい自分に期待しちゃってるけど、いつかはこんな風に「普通」を連呼できるようになれるのかな。与えてもらった場で与えられたことをやってるだけなのに、それで何者になれるんだろう・・・?とか言ってるうちはまだまだだなー。自分のしっぽ追い掛けまわしてグルグルしてることに気付くことを定期的にやらないとですね。

それにしても、エヴァQ2回観たけど、まだもう一回くらい観たいな。

©pinkpeco all rights reserved.